第一次&第2次審査トップ通過!

 

 

スペインのケルト音楽祭「フェスティヴァル・デ・オルティゲイラ」内の

コンクール”RUNAS 2012”にて

ハモニカクリームズが第一次、第二次予選を通過しました。

 

 

 

 

公表されたニュース(スペイン語)の内容には

 

ハモニカ・クリームズ他3組の決勝進出と

当グループがフェスティヴァル初日のメインアクトとして演奏する事が決定。 

 

そして第二次審査工程の詳細と、 

大会審査員による決選投票で

2012年7月12日の夜に優勝者を決すると発表されました。

(この文章下方に第二次審査の簡易日本語訳あり。) 

 

 

ニュースページの冒頭にはハモニカクリームズの写真が掲載されるなど、

第一次だけではなく、第二次においても高評価を得られました。

 

 

 

 

 

リーダーの美土がうっかり南米アマゾンへ潜入しているうちに

スタートしてしまった第二次審査(インターネット投票)ですが、

ありがたいことに決勝への道のりを開くことが出来ました。

 

 

7月15日フェスティヴァル終了以降の報告をお待ち下さいませ。

投票して下さった方々、多方へ声をかけたりなど応援して下さった方々、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 また、これを機に新たに多くの方がハモクリを知って下さいました。

僕らの新録「The Time Thief/時間泥棒」は大会のホームページでも聴けます。

 

良ければ是非他の友人方も誘って、

この夏、日本でのツアーを聴きにいらしてください。

 

 

 

 

 

 

http://www.festivaldeortigueira.com/novas/nova.php?id=64&lg=gal

→以下、Festival de Ortigueiraホームページ内で発表された

ガリシア語文面の簡易翻訳。

 

 「2012年の第一次予選は音源審査により8組のセミファイナリストが選定され、第二次は以下5組の審査員による投票で3グループの決勝進出者が決定しました。

 

・ ロドリゴ・ロペス(オルティゲイラバグパイプ学校)

・ ジョン・バーコン(パイプ奏者、音楽教授)

・ マーク・ヴァレス(音楽エージェント)

・ マネル・ロペス(オルティゲイラ技術文化局)

・ インターネット投票(総計15,000票)

 決勝戦は7月12日~15日のフェスティヴァル内で行われます。 」